ギア

ディスペンスの方法

液体を押し出す

工業用、実験用のディスペンサーの画像を見てみると分かりますが、その機器には数値が表示される表示窓が付いています。
そこに示された数値通りの量を、滴下したり塗布したりするのがディスペンサーの役目。
表示窓や各種のスイッチが付いた本体からは管が伸び、その先に滴下口の付いた部分があって、手に持つことが出来るようになっています。

ところで、この機器で最も重要な構造は、何よりも正確な量の液を管を通して送り出すものだというのはお分かりでしょう。打ち込んだ数値に合わせた量の液体を、押し出すための構造。
そこで使われているのは何かということで、ディスペンサーは種類分けすることが出来ます。たとえば、ガスなどの気体の圧力で押し出す「エア式」のディスペンサーがあります。
バルブを開閉することによって適量を送り出す「バルブ式」のもの、ポンプで押し出す「ポンプ式」のディスペンサーなどが知られています。

用途で使い分け

工業や医学的実験の分野で、滴下したり塗布したりする液体。その粘度の高さが、ディスペンサーの方式を選ぶ基準となります。
粘度というのは、文字通り粘りけのことで、たとえば接着剤は水よりも粘度が高く、水は液体ゴムよりも粘度が低いということになります。

粘度が高い液体の吐出には、「シリンジ方式」と呼ばれる注射器の用量で液体を送り出す構造がよく使われます。
それに対して、粘度の低い液体が必要な場合には、より細かな圧力の調整が可能なバルブ方式などが用いられているようです。
このような使い分けによって、より精度の高い吐出が可能となっているのです。